_

_

2021年10月10日日曜日

練習再開2日目

 今日は、スポーツの日、秋の一番いい日です。近所の幼稚園から運動会の声が聞こえていました。久しぶりです。私たち尾北男声合唱団も、さあ、頑張りましょう。
 コロナよ。もう近づかないでちょうだい。Shut out‼ 。


出席の状況
T1-7/9 T2-6/9 B1-9/10 B2-6/8  計―28/36 77.8%
*若手ナンバーワン、T1の溝口さんがT2に移りました。バランスの上から。
指揮―栗本昌廣  ピアノ―片多千愛先生


練習の状況
 今日は、松下耕作曲の曲を練習する日です。

6:30~7:00 ストレッチ・声出し・カデンツァ。

7:00~7:35  「静かな雨の夜に」(谷川俊太郎作詩)
  3連符連続のピアノの伴奏がとてもきれいです。4分の4.5のリズムも気持ちよく歌えました。

7:45~8:30 「信じる」(谷川俊太郎作詩)
  転調もらくらく出来るようになりました。”信じることでよみがえる命”。気持ちを込めて歌いました。

8:30~8:35 「ほらね」(いとうけいし作詩)
 -ほぼ歌えます。1回さらっと。

8:35~8:45 「今、ここに」(伊藤玲子作詩)
  まだ、歌詞では無理なようです。階名読みで歌い直しました。



連絡など
 若岡俊介団長より
 「ブログに、演奏会の日が”平成4年”とあり、指摘を受けました。
”令和4年”です。今は直っております。
ブログは、たくさんの人たちが見ていて下さいます。皆さんからも原稿を寄せてください。」



*作曲家 松下耕さんとはどんな人か、以前このブログに出ていたことがありました。思い出すようもう一度書きます。

「東京都武蔵野市出身。東京都立日野高校で合唱を始める。国立音大作曲科を首席で卒業。
 1994年、ハンガリーに留学。帰国後、「合唱団の耳を育てる」を主眼に純正律の響きに彩られた無伴奏合唱作品を発表し始める。2000年以降ピアノ付き合唱作品も。
 2001年「耕友会」を結成。各種コンクールに優秀な成績をおさめる。また、各種の賞を受ける。
 2010年3月まで、NHK「ビバ合唱」のパーソナリティーを務めている。2017年。東京合唱機構を設立し、代表理事に就任。


*11月から新たに4人練習に加わります。いよいよ40人の男声合唱団です。
来年、令和4年1月23日の第5回演奏会、頑張りましょう。平成4年ではないよ。


(このブログは和暦と西暦か混在しています。どちらかに統一したほうがいいですね。管理者談


2021年10月3日日曜日

宣言解除・台風一過の日曜日

宣言解除・台風一過の日曜日。
さあ、練習です。

 新型コロナ第5波による緊急事態宣言が9月30日をもって全面解除となりました。
台風16号も東の海上に逸れ、この青空。人々は、どっと外に出始めました。
 われら尾北男声合唱団、さあ、練習開始です。

 ワクチン接種は、団員全員が終了していますが、油断することなく、手洗い・検温・ソーシャルディスタンス。マスクも不繊布(団でまとめて購入する)。
 延び延びになっている第5回演奏会、今度こそは実現させましょう。

令和4年(2022年)1月23日(
Home & nicoホール(江南市民文化会館)
 大ホール

 あと、3か月少々しかありません。


出席の状況
T1-8/10 T2-5/8 B1-7/10 B2-6/8   計―26/36 72.2%
指揮―柴田冨造・栗本昌廣  ピアノ―片多千愛先生

練習の状況

6:30 副団長・田中純一郎挨拶
「さあ、練習開始です。演奏会実現に向けがんばりましょう。」

6:40~7:10 (栗本)ストレッチ・声出し・カデンツァ

7:10~7:50 (栗本)
「静かな雨の夜に」(谷川俊太郎作詩・松下耕作曲)
 4分の4.5というリズム。
 階名読みで各パート音を確認しながら進め、通して歌えるようにする。

8:00~8:50(柴田)
「水のいのち」(高野喜久雄作詩・高田三郎作曲)
 4.海
  浪の音をあらわしているハミングの部分を全員で練習する。

 5.海よ
  各パート、部分部分階名読みで音を確認しながら次第に歌詞を付け、合わせていく。
  この組曲の最終曲です。スケール大きくゆったり堂々と歌おう。




  久しぶりの練習でした。皆、よく出てきてくれました。パートのバランスもまずまずで、皆さんしっかり声を出し、気持ちのいい練習が出来ました。
コロナ第6波が訪れないように、油断せずしっかり予防して楽しく歌いましょう。



連絡
  これまで練習は、月3回でしたが演奏会までは、
月4回(毎週日曜日6:30~9:00)行ないます。
  *柴田指揮者作製の練習スケジュール表プリントあり。



若岡俊介団長のことば(思い)
 本日は沢山の出席があり、いい練習ができました。本日欠席の人たちにそれぞれ確認しましたが、今日の欠席にはそれぞれ理由があり、演奏会には、参加するという意思表示を受けています。頑張りましょう。
 思えば、令和2年3月15日が演奏会の予定でしたがその直前の3月1日に延期を決めました。それから3度。令和2年9月23日、令和3年6月20日そして現在、令和4年1月23日になっているというものです。
 4度目の正直。今度こそ実現させましょう。
 全団員の熱い思いが天に届きますように!


2021年9月10日金曜日

緊急事態宣言 延長―9月末日まで―

若岡俊介団長から団員への一斉メールです。

9月一杯は練習休みとします。今は、10月から練習が開始できることをひたすら祈っています。9月末の週に役員会を開いて、来年1月23日に予定している演奏会のことも含めて今後の方向を検討します。」と。


10日の新聞によると、
 「緊急事態宣言発令中の21都道府県のうち東海3県など19都道府県の期限を12日から30日まで延長すると決めた。」
 また、「ワクチン接種が完了する11月ごろをめどに実施する行動制限緩和の基本方針を決定した。」とあります。

 具体的には、飲食店における酒類提供。イベント人数。県境をまたぐ移動などです。


私たち合唱団の活動も相当に制限が緩められることが期待できます。

 もう暫くの辛抱です。10月からの練習に備え、自宅でできることをやっておきましょう。

*松下耕作曲「ほらね」「うつくしいもの」「いま、ここに」「静かな雨の夜に」「信じる」特に、「静かな雨の夜に」の練習。
*高田三郎作曲「水のいのち」全曲復習。その他。


2021年8月27日金曜日

緊急宣言決定―9月12日まで―

合唱の練習もこの期間はできません。

 8月27日の新聞によると、愛知県の感染者は2340人過去最多ということです。
「想定を超えている。衝撃的な数字」と大村知事がおっしゃっています。
 デルタ株が主流で感染力が非常に高いということです。

 うつさない、うつされない予防策を徹底してください。
 

 緊急宣言は、9月12日までですが、これも延長されるかもしれません。とにかく、この期間は、合唱の練習は出来ません。

 宣言が解除されたところで役員会を開き、いつから練習を開始するかを決め、団長から団員へ一斉メールとなります。

 各自、自宅でできることをそれぞれやっておきましょう。
 松下耕「静かな雨の夜に」他 高田三郎「水のいのち」など。



2021年8月13日金曜日

急きょ、変更‼  ―8月末まで練習休み―

緊急変更‼

若岡俊介団長から緊急メールが入りました。
「ここにきてコロナ感染者数の増加があまりに激しいので、8月一杯は、練習を休みにして様子を見ます。
 8月10日に役員会で、まん延防止(マンボウ)期間も練習することを確認しブログを更新したばかりなのに申し訳けありません。」と。


新聞によると全国感染2万人以上。東京都感染者5773人。
「東京 感染 “制御不能”」「医療 機能不全」「自分で身守る段階」という見出しが大きく踊っています。
「愛知も703人。最多更新」とありました。
 
 皆さん、手洗いマスク。3密を避け、衛生・健康に留意しましょう。
コロナ感染者が減り、マンボウも解除されたとき、われら尾北男声合唱団の活動をどのようにしていくかまたみんなで検討しましょう。